脳腫瘍

小児から大人まであらゆる年齢層に発生します。頭痛・意識障害・性格変化・てんかん・視力障害・聴力障害・めまい・言語障害・手足の麻痺・歩行障害などの症状で発症します。いったん症状があらわれると、てんかん発作以外は症状が毎日続き、徐々にはっきりしてきます。脳腫瘍による頭痛は朝起床時に最も強く、毎日続きだんだん悪くなり調子のいい日がないという特徴があります。最近では、片頭痛や頭の怪我の検査で偶然無症状の脳腫瘍が見つかることもあります。治療は腫瘍の種類によって異なり、手術・放射線治療・薬などの治療があります。

 髄膜腫は中年以上の方に発生する良性腫瘍ですが、放射線や抗がん剤に感受性がほとんどないので、外科的に摘出する以外に治療法がありません。頭のどこに腫瘍があるかで手術の難易度が違います。表面近くで大事な血管を巻き込んでいない髄膜腫は治療しやすく、反対に脳深部で脳血管や脳神経を巻き込んでいる髄膜腫の治療は困難です。外科的摘出が困難である場合に、放射線治療が試みられたりします。

 神経膠腫はあらゆる年齢に発生し、手術だけで治癒できる良性神経膠腫から、あらゆる治療をしても治癒困難な悪性神経膠腫までいろいろなタイプがあります。悪性神経膠腫は正常の脳のなかにしみこむように発育しますので、後遺症を避けるためにはあきらかに腫瘍とわかる部分だけを切除することしかできません。そのため、手術はできるだけ腫瘍の量を減らすことが目的となり、術後の放射線治療や抗がん剤による治療が必要です。現在のところ100%かならず治せる治療法はありません。

 髄芽腫は幼児や子供の小脳に発生する悪性脳腫瘍です。最近は、発生頻度が低下してきていますが、治療困難な脳腫瘍のひとつです。しばしば水頭症を伴っていますので、原因不明の頭痛、嘔吐が症状です。手術によってできるだけ腫瘍を摘出した後に、放射線治療や抗がん剤による治療を行いますが、治療抵抗性で死亡する場合がすくなくありません。

 聴神経腫瘍は中年以降の女性に多い脳腫瘍です。難聴で発症することが多いようです。聴神経という音を聴く神経にできる良性腫瘍ですが、治療は手術や特殊な放射線治療であるガンマナイフがあります。治療でもっとも問題になるのは聴神経のとなりにある顔面の表情筋を動かす顔面神経の障害です。腫瘍によってすでに引き伸ばされているため、治療で顔面神経障害(顔の麻痺)がでることが多い腫瘍です。

 胚細胞腫は小児から若年成人までに発生する腫瘍です。症状は頭痛・嘔吐が多いのですが多飲・多尿、背が伸びない、生理がとまるなどのホルモン障害でも発症します。治療は抗がん剤と放射線治療が中心となります。施設によって治療成績が異なりますが、悪性胚細胞腫以外は治癒可能になりつつあります。

 転移性脳腫瘍は脳以外の臓器の癌が、脳に転移した状態です。しばしば多発するのですが、近年ガンマナイフ・サイバーナイフという特殊な放射線治療の導入により、小さな病変であれば手術をせずに治療ができる場合もあります。九大病院にも近々サイバーナイフ導入の予定です。


頭痛

日本人の10人に3人は「頭痛もち」と言われています。頭痛にはいくつかのタイプがあり、女性にもっとも多いのが「筋緊張性頭痛」というものです。「いつも肩がこって、首筋から後頭部にかけて張った感じがある。調子が悪いときには後頭部やこめかみの頭痛も起こり、市販の頭痛薬を飲む。」というのが典型的な症状で、午前よりも午後に悪化する傾向があります。この頭痛は首筋の筋肉の緊張が原因で、もともと姿勢が悪いとか、長時間同じ姿勢を保つ仕事をする女性、特に20代後半から多くみられる傾向があります。軽い肩こり程度では治療の対象になりませんが、頭痛のために仕事に集中できなかったり寝込んだりするような支障が出るのならば、専門医への受診をお勧めします。医療機関でしか処方できない薬や生活指導でかなり改善します。

 また、若い人に見られる頭痛に「血管性頭痛」というものがあります。「数週間に1回程度、片側の頭がズッキンズッキンと痛む。吐き気を伴うことも多い。頭痛の前兆がある。」というのが典型的な症状です。この頭痛は市販の鎮痛薬では治まらないことが多いのですが、最近有効な薬が発売され、医療機関で処方されています。このほかにも頭痛を症状とする病気には、脳腫瘍、くも膜下出血、髄膜炎など命にかかわる病気もありますので、「たかが頭痛」と思って漫然と市販の鎮痛薬を飲むよりは、専門医による診断・適切な治療を受けるべきです。

 脳の病気による頭痛は、痛みが毎日続き調子の良い日がない、発作性の頭痛でなく1日中続くもの、朝に痛みが強いなどといった特徴があります。このような頭痛が続くときは専門医の診察が必要です。じわじわ起こってくるものでなく、とつぜん殴られたような頭痛がおこり持続するときは頭の中の出血である可能性があります。

 片頭痛で長期間頭痛薬を飲んでいる人に薬剤性頭痛というものがあります。鎮痛薬を長期間飲んでいるために、かえって頭痛が起こりやすくなっている状態です。薬剤から離脱するためにも専門医の診断・指導が必要です。高血圧も頭痛を起こします。後ろ頭が重い、肩が張る、顔がほてるなどの症状を伴います。高血圧の薬を怠けている人などに起こりやすいようです。

脳トレーニングゲーム集

無料の脳トレーニングゲームを集めてみました。気分転換にどうぞ。

危ない家族橋を渡る
説明:有名なクイズです 誰かを残すと誰かが助からない…
操作方法:マウスでドラッグ&ドロップ

忙しい月旅行
説明:最短でロケットを月まで運ぶゲーム
操作方法:マウスでドラッグ&ドロップ

ロッキン★ヘブン
説明:内容的には簡単な脳力系ゲーム
操作方法:マウスで操作

脳力鍛錬ゲーム
説明:数字系から、色、認識…全6種類の脳トレゲーム
操作方法:マウスで操作

脳動静脈奇形

生まれつきの脳血管の奇形です。脳出血、くも膜下出血、てんかんなどを起こすことがあり、手術、ガンマナイフという放射線治療、特殊な血管内手術を組み合わせて治療を行います。血管奇形があるだけで症状がない場合は、治療は行わずに経過観察だけを行うこともあります。

パーキンソン病

パーキンソン病は、手のふるえ、歩行障害、無動(うごけない)などの症状で高齢者に多い病気です。脳内のドーパミンという神経伝達物質の分泌が減少することが原因です。治療は原則としてドーパミンの分泌を促したり、ドーパミンの効きをよくしたりする薬で治療を行います。ベッドからも起き上がれないような重症者には症状を緩和するための手術があります。